小型の車種で貸切バスをリーズナブルに使おう!

「貸切バス」と聞くと何か大型のバスを借りて利用するイメージがありますが、貸切バスにも小型の車種があります。例えば「ミニバス」と呼ばれるバスは、ワゴンタイプで定員が13名程度です。「ジャンボタクシー」とも呼ばれます。例えば友人同士の旅行で、タクシーで移動すると何台にも分散して乗って移動しなければなりません。かと言って「バス」を借りるわけにも、という方にオススメです。10名程度の利用であっても、一人あたりの交通費をリーズナブルに抑える事ができるのです。

貸切バスの中には、小型の車両もあります。その一つが「小型バス」です。小型バスは全長が約7mほどで、定員は21名から24名になります。シートは多くの場合5列で、補助席を除いた席数は20席になります。20名を超える人数でバス移動したい場合にオススメな小型バスですが、一つ注意点があります。実は「小型バス」は現在、各メーカーでの製造が打ち切られてしまっているのです。そのため小型バスを所有しているバス会社も年々少なくなっています。小型バスを利用したい場合は各バス会社に問い合わせた方が良いですが、同じ用途であれば次に説明する「マイクロバス」をおすすめします。

「マイクロバス」は、乗車人数などを考えるとその用途はほぼ「小型バス」と同じです。マイクロバスは定員が18名から27名程度です。シートの配置は小型バスとは異なり、1列3人掛けのシートが6列前後あり、補助席を除いた席数が20席程度、というのが一般的です。シートの配置こそ違いますが、用途は小型バスと全く同様です。そのため15名を超える人数での利用ならば、マイクロバスを利用しましょう。乗車人数が多ければ多いほど一人あたりの交通費をリーズナブルに抑える事ができます。マイクロバスの乗車人数の上限近くの利用人数で、移動中の車内で快適に過ごしたい場合には、「中型バス」を利用しましょう。

中型バスは定員がおよそ27名程度で、マイクロバスよりも大型のバスになります。そのため車内スペースはマイクロバスよりも広く確保されており、長時間の移動でも快適に過ごす事ができます。バスが大型になると利用料金が気になるところですが、貸切バスを利用する場合は利用人数が多ければ多いほど一人あたりの料金が抑えられます。そのため大人数であれば大きなバスを利用した方が、結果的に料金がリーズナブルになるのです。

小型の車種で貸切バスをリーズナブルに使いたいとは言っても、利用人数が40名を超えるようだと分乗する事になります。それだと各地点での合流が面倒になりますし、何より複数台のバスを借りることとなり、料金も高くなります。小型の車種を使えるのは、やはり20名程度の規模の旅行になるでしょう。40名を超えるような利用人数の場合には、45名から60名程度が利用できる大型バスをおすすめします。とは言え、バス会社によっては、料金プランの計算方法によって「小型バスに分乗した方が安い」というケースもあります。小型バスでの分乗か、大型バス1台の貸し切りか悩むような利用人数の場合は、各ケースについてバス会社に見積もりをお願いしましょう。