ハイヤーとタクシーの違いと利用するメリット

ハイヤーとタクシーはどちらもお客様を乗せて目的地まで行き、そこまでにかかった距離の料金を受け取るスタイルです。しかしタクシーはお客様が乗った場所から降りる場所までの区間で料金を請求するのに対し、ハイヤーは営業所を出てからお客様を乗せて指定の場所で降ろし、また営業所に戻るまでの区間が請求の対象となっています。そのため、同じ区間乗車したとしても料金的にハイヤーは高くなることとなりますが、その料金に見合うだけのメリットがハイヤーにはあります。

まずその一つが完全予約制です。タクシーは時間帯や場所によっては見つからないこともありますが、ハイヤーなら探したり待ったりする必要がなく、予約時間になったら利用できます。次に豊富な車種の中から用途によって車両を選ぶことができる点です。例えば荷物が多い場合や、ゆったりとくつろいで目的地まで行きたいときには空間の広いワゴン車を、身軽な場合はセダンと使い分けできるのが魅力です。また、英語や中国語など語学に堪能なドライバーも在籍しているので、言葉に不安がある場合でも安心して乗車できるところがハイヤーの利点となっています。

さらに観光においてもハイヤーは便利に活用することができます。例を挙げると、東京都は日本の中心地で観光場所もたくさんありますが、荷物を持っての観光は体力的にも辛いものです。公共交通機関を利用した場合でも最寄りの場所までしか行かないため、降りてから歩いて行かなければなりませんし、常に時刻表を意識しなければならず、ゆっくりと観光することが難しくなります。観光目的でハイヤーを利用すれば、荷物を気にせず目的地まで連れて行ってくれますし、時刻表を持たずに自由に自分の行きたいところへ自分のペースで観光することが可能です。観光コース例などが用意されていることもあるので、プランを立てやすいところもメリットです。

ハイヤーには、その都度予約して利用するスポット利用と、契約を交わして定期的な利用をすることが可能な専属定期送迎利用の2種類のサービスがあり、目的や利用期間によって使い分けをすることができます。スポット利用の場合は利用日の数日前までの予約が必要で、問い合わせを行い、料金を確認してから、利用後に指定された方法で料金を支払います。専属定期送迎利用の場合は要望に対するヒアリングが行われ、見積書と紹介されたドライバーに納得できたら契約となり、利用をすることができるようになります。このようにハイヤーはいくつかの特徴があり、メリットも多いので、何かの機会に一度利用してみてはいかがでしょうか。